【スミロン島総まとめ】これで完璧!セブ島人気No,1リゾート
スミロン島をドローンで撮影 CSPナビ

スミロン島で最高の休日を過ごそう。デイユースやアクセス方法を総まとめ!

セブには様々な自然の魅力がありますが、今回はCSPツアーの中でも屈指の大人気スポット「スミロン島」をご紹介。多い時には1日に100名以上のお客様をご案内している私たちが本当は教えたくないフォトスポットやスミロン島の魅力を徹底解説!

セブに来たなら行かなきゃ勿体無い!魅力溢れるスミロン島3つのみどころ

スミロン島へ行くには車で3時間移動しないと辿り着けません。それでも世界中の観光客が注目するスミロン島には長い移動時間をかけても「来てよかった!」と思える景色と美しいビーチが広がっています。スミロン島の魅力、遊び方を知ってもっと楽しいセブ旅行を計画してみてはいかがですか?

様々な表情を持つサンドバー

高台から見下ろすスミロン島のサンドバー

潮の満ち引きによって海面に現れるサンドバーは時期によって形を変えるため、訪れる日にち・時間によって様々な表情を持っていて、訪れた時には砂浜がない・・・なんて事も。そんな時でも海の美しさは変わらず、膝まで届かないほどの海面なので上陸できないなんてことはないので安心してください。

こちらのサンドバーでは白い砂浜が透き通って見える美しい海と、沖へ向かっていくに連れてだんだんとターコイズブルーに染まっていくスミロン島でしか眺めることができないグラデーションは言葉を飲み込んでしまうほど感動します。

ホテル利用者限定の充実施設

スミロンブルーウォーターホテル

スミロン島には「ブルーウォーター スミロン」というリゾートホテルが有り、こちらには1日中遊べるアクティビティやフォトスポットが盛りだくさん。

ホテル利用者しか入場できないので、観光客で混雑している事も無いのがオススメポイントの一つ。施設内に広がる湖でのカヤッキングは波がないからお子様や初心者でも安心して楽しめますね。他にはシュノーケリングやプライベートプール、トレッキングに美味しいビュッフェランチも堪能出来ます。

スミロン島周辺に広がる色とりどりの海底世界

シュノーケリングでカクレクマノミに出会える

スミロン島周辺の海は政府が定める海洋保護区(マリンサンクチュアリ)に指定されていて、豊かに広がるサンゴ礁とセブでしかみられない色とりどりの熱帯魚が優雅に泳いでいます。

人気のカクレクマノミはもちろん、ウミガメの目撃情報も!?バンカーボートから飛び込んで海の世界を覗いてみてはいかが?ツアーによってはシュノーケリングをせずにそのままスミロン島へ向かう事もあるので、申し込み前に必ず確認するようにして下さい。

これだけは外せない!スミロン島3つの楽しみ方

スミロン島ツアーでお客様に胸を張ってオススメできるスミロン島での過ごし方を3つチョイスしました。スミロン島に訪れた際には是非とも体験して欲しいアクティビティでセブ旅行が最高の思い出になる事間違いなし!

  • シュノーケリング

    透明な海でシュノーケリング

    スミロン島へ向かうボートやビーチから少し沖へ行くとカラフルな海の世界が広がっています。泳げないあなたもスミロン島周辺の海は波が比較的穏やかなので、ライフジャケットを装着すればぷかぷかと浮きながら水中世界を楽しむことができます。

    お子様に大人気のカクレクマノミや海底に広がるサンゴ礁は必見。海の透明度も高く、暖かいから家族全員で沢山泳いじゃおう。実際にシュノーケリング体験をしたお客様からは「今まで見た海の中で一番綺麗だった!」「ついつい夢中になってあっという間に時間が過ぎてしまった」「とっても可愛い熱魚が沢山いて満足だった」とのお声を多数いただいています。

  • 旅行の醍醐味!?記念撮影

    スミロン島の海をスマートフォンで撮影する女性

    せっかくの海外旅行、大切な人や友達との思い出を沢山残したいですよね。スミロン島に広がる美しい景色をバックに写真を撮れば、簡単に映える写真が撮れちゃいますよ。

    スミロン島でのおすすめ撮影スポットは、真っ白な砂浜はもちろん、ビーチにつながる階段を登った高台や船が降り立つ桟橋がおすすめ。その他にも沢山あるので、自分だけのお気に入りスポットを見つけてみて下さい。素敵な写真も何枚かご紹介します。

    スミロン島を背景に一枚感動するほど白い砂浜と透明な海は確実に映えますね。リゾート気分がかなり盛り上がります。

    スミロン島を見渡すこちらの高台から見渡すスミロン島の海は必見。写真で全ての魅力を伝えられないのが残念です…是非ともセブへお越しの際は足を運んでみて下さい。

    ボートが浮いて見えるほど透き通っているスミロンの海とっておきの一枚がこちら。透明度が高過ぎて船が浮いているように見えます。こんな夢のようなビーチ、スミロン島にあります。

  • ブルーウォーターホテル

    スミロンブルーウォーターリゾートのコテージルーム

    事前の予約または現地での申し込みが必要となりますが、ブルーウォータースミロンホテルで過ごす時間は充実した1日になりますよ。こちらのホテルでは宿泊の他にはビュッフェランチや各種アクティビティ込みのデイユースも受け付けています。

    英語での申し込みになってしまいますが、笑顔が素敵なスタッフや施設内のプール、カヤッキングにプライベートビーチも満喫できます。何と言ってもこちらの売り文句は1島1リゾート。なんて贅沢な響きでしょうか。宿泊する部屋はプライベートなコテージタイプになっているため、大切な人との素敵な時間が過ごせます。

    デイユース利用に含まれているもの

    • ウエルカムドリンク
    • セブ島〜スミロン島間の送迎
    • ビュッフェ形式のランチ
    • シュノーケリングマスク
    • プライベートビーチ利用
    • シャワー、更衣室
    • 湖でのカヤック
    • スミロン島内トレッキング
    • サンドバーへの無料送迎バス
    • 貸し出しバスタオル

スミロン島へのアクセス方法

ここまでスミロン島の魅力を沢山紹介してきました。ここからは気になるアクセス方法、お得にスミロン島へ行く方法をご紹介します。スミロン島へアクセスする方法は主に3つあります。

1. 自分で予約、移動手段の手配

英語を話せる方、現地の方と交渉したい方はこちらの方法がおすすめです。セブシティの南部(サウスバスターミナル)からバスが出ており、英語で検索すればレンタカー予約もできます。セブに住んでいる方や留学生、少しでも費用を抑えたい方はこちらの方法でスミロン島にアクセスして下さい。

バンカーボートからの眺め
  1. (1) サウスバスターミナルへ向かう

    まずはタクシーでサウスバスターミナルへ向かいましょう。タクシー代の目安はセブ市内から250ペソ〜350ペソ(渋滞によって金額が変動します。)です。サウスバスターミナルは治安が悪いため、貴重品の管理を徹底しましょう。

  2. (2)オスロブ行きのバスに乗り込む

    【BATO Oslob】と書かれたバスに乗り込みましょう。エアコン付きとエアコンなしの2種類のバスから選べます。エアコン付きのバスは南国特有の極寒仕様のため寒さをしのげる上着が一枚あると良いです。エアコン無しバスを選ぶ場合は窓がない車両のため排気ガスと土煙が舞う中を4時間ほど走るのでスクをご用意ください。

    ※バスに乗り込む際、「Sumilon blue water pier」とお伝えください。セブあるあるですが、忘れてしまうこともあるので何度も伝えた方がいいです。

  3. (3)スミロン島行きの港で船を手配する

    いよいよこちらで交渉です。バス停から近くの船乗り場まで向かうとボートスタッフが声をかけてきます。そこで彼らと交渉してボートを手配しましょう。言われた通りの金額の場合、確実に通常料金よりも高く支払うことになりますので、交渉できない方は全くおすすめしません。

ブルーウォータースミロン専用の港へ向かい、申し込みをする(デイユース利用)

上記方法は「とにかく安く済ませたい」という方以外にはあまりおすすめできません…。スミロン島へ向かう方法は同じですがバスを降りてからが違います。

バス停留所からBlue Water Sumilonの看板が見えるエントランスから港へ向かいましょう。受付で手続きを済ませたあとは、スケジュール通りに往復している船に乗り込んでスミロン島へ向かいましょう。

※宿泊の場合は事前の予約が必要です。

Blue water Sumilonホームページはこちら

Blue water Sumilon デイユース申し込みはこちら

スミロンブルーウォーターリゾートフロントデスク

ツアーを利用する

ツアーを利用すると面倒な手続きや移動時のリスクが避けられて安心、安全にセブ旅行を楽しむことができます。スミロン島ツアーはオスロブでのジンベイザメウォッチングとセットになっていることが多く、1日でセブ南部の人気スポットを巡る事が出来る、とっても嬉しいプランもあります。

世界中の人々が憧れるジンベイザメウォッチングはセブに来たら外せない鉄板アクティビティ!多い時には18頭のジンベイザメが沖に集まります。餌を食べる姿は大迫力!とっても優しいジンベイザメは人間に危害を加えることはありません。

ジンベイザメのドアップ

スミロン島ツアーの料金を徹底比較!

せっかくの旅行でも無駄な費用は抑えたいですよね。家族旅行だったら人数が多くて尚更大変…。そこでここからはツアー会社によって違う料金とサービス内容を徹底比較していきます。これさえ読めばもうツアー会社選びに迷わない!?誰よりもお得にスミロン島へ行きたいあなたは必見です。

スミロン島ツアー料金・サービス徹底比較

近年セブには様々なツアー会社が増えていますが、実体がないツアー会社やフィリピン政府の認可を得ずにツアーを行っている会社があるのも現実です。そこで観光省認定の旅行会社がスミロン島ツアーを徹底比較して参ります。

価格 GoPro ガイド 貸切送迎 デイユース取扱 観光省認定
CSPトラベル ¥10,300 免許保有女性ガイド
A社 ¥23,600 現地ガイド
B社 ¥23,100 現地ガイド
C社 ¥19,800 ○(別途¥3,200) 現地ガイド ☓(別途¥5,000)
D社 ¥19,200 ○(別途¥3,200) 現地ガイド
E社 ¥16,700 ○(別途¥2,100) 現地ガイド
F社 ¥16,100 現地ガイド
G社 ¥13,600 現地ガイド ☓(送迎代別)

※2019/6/26時点のレートにて円換算

セブのツアー会社選びは慎重に行って下さい。過去のトラブルでは観光省の無認可でツアーを催行していた会社が観光地へ向かっている途中に車両を取り押さえられ、現場で降ろされた挙句ツアー代金が返金されない事例もあります。

せっかく楽しい気分でスミロン島へ向かっている途中にこんなトラブルに巻き込まれたらたまらないですね。

実際にスミロン島へ行ってきました。(デイユース利用)

実際に足を運んできたのでレポートしていきます。に行ってきましたが、やっぱり海が綺麗!これで3回目となりますが、何度来ても飽きないですね。スミロン島博士(自称)が徹底的に魅力をお伝えしていきます。スミロン島ツアーで訪れるサンドバーは後ほどご紹介します。

桟橋を歩く利用客

ブルーウォータースミロン専用の港に到着

可愛い水色のTシャツを来たスタッフが笑顔でお出迎えしてくれます。美味しいウエルカムドリンクもあってテンションが上がりますね。申し込みをした後にスミロン島デイユースに利用に関するオリエンテーションを受けたら早速ボートに乗り込んでスミロン島へ向かいます。乗船時間は約15分です。

スミロンの上空からドローンで撮影スミロン島に到着したあとは自由行動です。道なりに進むとホテルのプールやレストラン、バーが見えてきます。

スミロンブルーウォータリゾート宿泊者限定のプールこちらのプールは景色が素敵ですが、宿泊者限定の様です。とても残念でした。

スミロン島デイユース利用可能エリアをご紹介

  • ラグーンビーチ

    こちらではビーチ沿いに置かれているサマーベッドを利用できる他、木製のコテージやハンモックなど、リゾート感も味わえて写真映えもする1番のおすすめスポットです。

    ラグーンビーチに設置されているサマーベッドスミロン島といえば、海!海!天気も良くて素敵な思い出になる写真をたくさん撮ることができました。

    ビーチ沿いのサマーベッド足元のサンゴは少し大きめ。裸足で歩くにはしんどいです。砂浜が白く見える正体はサンゴだったんですね。

    透き通る海と豊かなサンゴ礁シュノーケリングマスクを無料でレンタルできますので、少し泳ぐとこんなに素敵な景色が広がっていて、カラフルな魚やサンゴがたくさんいました。

  • サンドバー(ツアーで利用されるエリア)

    一般開放されており、ツアーでスミロン島に訪れる際に利用できる砂浜です。

    往復シャトルバスで簡単アクセスサンドバーはデイユースエリアの反対側にあるため、歩いて15分ほどかかってしまいますが、往復シャトルバスも出ているため簡単に遊びに行けます。

    ヤマシタケーブは戦時中に利用された洞窟道中に発見したヤマシタケーブ。戦時中に日本兵が使ったそうです。日本と縁があるものを見ると自然と足が進んでしまいますね。

    美しいスミロン島の景色サンドバーを見下ろした一枚。何度見ても美しいです。

    砂浜は少し粗めだが、美しいサンドバーの砂浜はラグーンビーチよりも細かいですが、油断するとやっぱり痛いです。少し我慢すれば裸足でも問題ありません。

  • カヤック

    スミロン島内にある湖ではなんとカヤック体験ができます。すぐ隣の更衣室で申し込んでください。

    湖でカヤックに挑戦できます。湖だから波ありません。海と違って安心してカヤッキングに挑戦できます。

  • ラグーンプール

    お子様用のライフジャケットが無料で借りられるプールでまったり過ごすのもいいですね、泳ぎ疲れたらビーチベッドで休憩してみてはいかがでしょうか。

    お子様もがっつり遊べる浅めのプール

  • マッサージ

    こちらは有料になりますが、海を眺めながらのマッサージも体験できます。こんな贅沢な体験、一度はしてみたいですね。いつかは挑戦しようと密かに計画中です。

    オーシャンビューのマッサージスペース

  • その他

    他にも様々な施設があり、一日遊んでいても飽きません。

    スミロンブルーウォーターリゾートの公園こちらの公園でお子様と遊んでもいいですね。

    自転車のレンタルが可能自転車のレンタルもやっているので、島内を走り回るのもいいですね。私が行った時には欧米人のカップルの方が汗だくになりながら林の中を駆け抜けていました。

    バーカウンターに盛り付けられた色鮮やかなフィリピンのフルーツバーではアルコール類やフルーツシェイクまで注文できます。少し割高ですが、リゾート地だからしょうがないですね。

    ロッカー、更衣室完備の充実施設シャワー&ロッカー完備なので、帰りの支度も楽々です。

スミロンブルーウォーター 自慢のビュッフェの詳細はこちら

美味しいフィリピン料理やフルーツ、様々な料理を食べ放題!どれもおしゃれな器に盛られた料理は美味しかったです。フレッシュなジュースや焼きたてのお肉を提供してくれるエリアにフィリピンではなかなかお目にかかれないサラダバーまで!

ビュッフェランチをお皿にもりつけこちらが私のランチ。この後2回おかわりに行ったことはここだけのお話。

様々な料理が揃い踏みどの料理も味は申し分なくスプーンとフォークが止まりませんでした。スミロン島のビュッフェランチ、おすすめです。

スミロン島ツアーの流れ

ここからは、実際にツアーに参加した際の流れをご紹介します。デイユースとはまた違ったスミロン島の楽しみ方なので、リゾートビーチもジンベイザメも楽しみたいあなたは必見です!

  1. 3:30 ホテルを出発

    プライベートバンでホテルへお出迎え

    宿泊先ホテルまで専用の貸し切り車両でお迎えにあがります。早朝の出発のため、前日はしっかりと休んで体力を蓄えておきましょう。

  2. 4:00 ジョリビーで朝食

    フィリピンで大人気ジョリビー

    フィリピン限定のファーストフード店ジョリビーで朝ごはんを購入します。フィリピン独特のしっかり濃い味なので、元気をもらえますね。オスロブまで約3時間かかるので、お腹いっぱいになったらもう一眠りしましょう。

  3. 6:30 オスロブに到着

    オスロブビーチに昇る朝日

    オスロブに到着したら早速ジンベイザメウォッチングの準備をしよう。専属の女性ガイドスタッフが全ての手続きやライフジャケットの装着をお手伝いします。

  4. 7:00 ジンベイザメウォッチング

    大迫力ジンベイザメウォッチング

    目の前で大きな口を開けて泳ぐ姿は大迫力!忘れられない一生の思い出になります。遊泳時間は30分と決まっているので、ルールを守ってアクティビティを満喫しましょう。

  5. 7:30 スミロン島へ出発

    スミロン島へ向かうボートで写真を撮る女性

    オスロブから5分の港からスミロン島へ向かうボートに乗ります。シュノーケリングポイントに停まったら船の先頭で記念撮影!

  6. 8:00 海洋保護区でシュノーケリング

    スミロン島周辺の海洋保護区でのシュノーケリング

    スミロン島の綺麗な海を思いっきり満喫しましょう。透き通る海のそこには優雅に泳ぐたくさんの熱帯魚と豊かなサンゴの世界が広がっていますよ。

  7. 9:00 スミロン島に上陸

    スミロン島のサンドバーにいよいよ上陸

    いよいよスミロン島に到着です。ビーチで泳いだり、スミロン島を冒険してみてもいいですね。デイユースとは異なる入口のため、ご注意ください。

  8. 12:00 ツマログ滝でリラックス

    ヒーリングスポットツマログ滝でリラックス

    スミロン島へ向かう港から5分の距離にあるヒーリングスポット「ツマログ滝」でドクターフィッシュ体験&霧状になって降り注ぐ神秘的な滝の景色をご覧いただけます。

  9. 13:00 B.B.B.レストランでランチ

    オーシャンビューレストランで贅沢なランチ

    山の中腹にあるセブの海を一望できるレストランでお好きなメニューをお選びください。たくさん泳いだ後のランチは格別です。

  10. 16:20 ホテルに到着

    ホテルに到着。お疲れ様でした

    早朝から一日お疲れ様でした。部屋に戻ってゆっくりと休んでください。日焼けしすぎた場合は、シャワーで痛いかもしれませんね!

スミロン島に持っていくと便利なもの&役立つもの

日焼け防止グッズ
  • ラッシュガード

    セブの日差しはとても強力です。少しでも油断するとあっという間に真っ黒になってしまいますので、お子様やあまり日焼けをしたくない方はラッシュガードを着て過ごすことをお勧めします。特にスミロン島には日陰となる場所が少ないため、かなり役立ちますよ!

  • 日焼け防止グッズ

    日焼け止めはもちろんリゾート感をさらに味わうために麦わら帽子を用意しても良いですね。スミロン島へ向かう時にボートの先頭で写真を撮ればリゾート感溢れる素敵な写真が撮れます。

    ※オスロブでは環境保護のため日焼け止めの使用は禁止されています。お化粧は問題ないので、バッチリ決めても大丈夫です!(泳ぐ前と後で顔が違う…なんて事も!?)

  • お水

    スミロン島行きの船に乗ってしまうと売店がありません。ツアーで訪れる際にはお水を用意しておきましょう。

  • 酔い止め

    私自身、車に酔いやすいのでかなり重宝します。どうしても車での移動時間が長くなってしまい、フィリピン人の運転は日本とは異なって荒いため車酔いする前に服用しておくと安心です。

  • トイレットペーパー

    フィリピンのトイレにはトイレットペーパーが備え付けられていないため、常備しておくことをお勧めします。トイレ以外にも食べ物を落としてしまった時にサッと気軽に使えて何かと役に立ちます。

実際に体験したお客様の声

  • 今まで生きてきた中で一番綺麗な海でした

    海がかなり綺麗で驚きました。ジンベイザメとセットでよったのですが、期待していなかった分感動してしまいました。

  • デイユースを利用して良かった

    どうしても利用したいという家族の意見だったので申し込みました。ランチも美味しく、綺麗なビーチを利用でき、1日遊べたのでリーズナブルかと思います。ビーチやプールでは子供が大はしゃぎ。私は妻と子供のカメラマンとしてスミロン島を楽しみました。

スミロン島まとめ

次にスミロン島へ行く時には是非とも宿泊したいです。聞いた話では3泊しても飽きなかったとの声も…。CSPトラベルではスミロン島デイユースツアーもジンベイザメとセットになったスミロン島ツアーもご用意しております。是非セブへ遊びに来る際はオプショナルツアーを利用して賢く、お得なセブ旅行を楽しんでください。