【セブ島の空港送迎】空港からホテルまでのおすすめ移動手段とは?

空港送迎アイキャッチ

楽しみにしていたセブ島に到着!

ワクワクしながら空港を抜けると、そこには南国らしい風が迎えてくれます。

しかし、誰もが直面するセブ島旅行の第一関門が、セブ市内・ホテルまでの移動手段を探さなくてはいけないということです。

どこでタクシーを拾えるのかわからないし、電波もつながらず、日本語も伝わらなくて、ちょっと不安……いや、かなり不安!!

そこで今回空港からホテルまでの移動手段で、何が1番おすすめなのか現地旅行会社が徹底解説します!

マクタン・セブ国際空港からの移動手段は全部で4種類

マクタン・セブ国際空港には国内線専用の第1ターミナルと国際線専用の第2ターミナルに分かれています。2つのターミナルごとで出口は異なりますが、空港内はとってもわかりやすい作りになっているので迷う心配もありません。

到着ロビーを抜けて道のりに沿って歩いていくと、タクシー乗り場やターミナル間を移動するバスの乗り場、またSIMカードを購入できるショップなどが立ち並んでいます

空港からの4種類の移動手段

・白いタクシー
・エアポートタクシー
・グラブ(Grab)
・空港送迎

ぼったくりにご注意!現地の人も使う通常タクシー(白色)

セブ島の白タクシー

街中でも走っている一般的なタクシー。メーター式 初乗り40ペソ(約85円)とお手頃ですが、地元の人も利用するため、時間帯によってはかなり待ち時間が発生します。

また一部のドライバーにより観光客を狙ったぼったくりが行われていて、メーターを使わずに乗車前に高額料金を提示してくることがあるため、特に深夜便でセブ島に到着、また深夜便で日本に帰国する場合はタクシーの利用は控えましょう

英語がペラペラ、セブ島に渡航経験が多い人におすすめ

実際に合った出来事

わたしの友人が空港からホテルまでタクシーを利用したときには、通常400ペソで行けるところ1,500ペソ請求されてしまいました。料金が高すぎると気付いて値段交渉しましたが、結局のところ1,000ペソ支払うことになってしまいました

利用者のほとんどが海外からの渡航者!エアポートタクシー(黄色)

黄色が目印の空港専用エアポートタクシー

黄色い車体がトレードマーク、空港限定のエアポートタクシー。メーター式 初乗り70ペソ(約150円)と通常のタクシーと比較して料金は少し高く設定されていますが、車内が少しキレイであること、そして待ち時間が比較的短いことを除けば通常のタクシーとほとんど変わりません

英語がペラペラで、セブ島に渡航経験が多い人におすすめ

1,000ペソなどの大きなお金を出すとドライバーが十分なお釣りを持ち合わせていない場合が多く、お釣りが返ってこないことがあります。両替するときは、100や500ペソなどの細かいお金にしてもらいましょう。

乗車前、空港の係員からタクシーのプレートナンバーを書いた紙が渡されます。タクシードライバーが悪いことをしないように監視している紙なので、目的地に到着するまで大事にとっておきましょう。間違ってもドライバーに渡してはいけません。

フィリピン・セブ島はタクシーが安全!?拾い方・料金・注意点まとめ

ぼったくり被害はなし!Grab(グラブ)をインストール

安心安全なグラブ(Grab)の利用は安心

セブ島旅行で是非とも使いたい配車アプリGrabを使えば、簡単に車を手配することができます。アプリ上で現在地である空港と目的地であるホテルを選択するだけなので初心者でも簡単。また料金は少し割高になりますが、登録すればカード支払いができたり、あらかじめ料金が決まっているのでぼったくりされる心配もないので安心です

また電話番号の承認が必要になるので、日本でインストールしてからセブ島へいきましょう。

東南アジアに行ったことがある、海外慣れしている人におすすめ

スーツケースの大きさにもよりますが、タクシーのトランクにはスーツケースが2つまでしか入りません。大人3人で3台のスーツケースを持っている場合は、タクシーやGrabを断られてしまう可能性があるので気をつけましょう。

旅上手は使ってる!安心安全の空港送迎

空港の到着ロビーの目の前で担当ガイドが待ち構えてくれるので、迷うことなく安心してセブ市内・ホテルまで移動することができます。比較的治安は安定していますが、日本と比べて安全であるとは言い切れないため、セブ島では空港送迎を利用することをおすすめします。

英語が話せない、セブ島初心者さんにおすすめ

空港送迎をおすすめする理由とは?

待ち時間なし!広々の貸切車内で快適にホテルまで

直行便で約5時間、乗り継ぎ便で約8時間以上かけてようやく到着、一刻でも早くホテルで一休みしたい……と誰もが思うこと。空港送迎では少人数の予約でも1組1台の車両を利用できるから、広々快適な車内でくつろぎながらスムーズにホテルまで向かうことができます

日本語堪能なガイド付きで安心

日本語が話せるガイドがサポートするから、要望などにも柔軟に答えられるから安心です。また重いスーツケース運びや車への出し入れもスタッフがサポートしてくれます。

またお手頃にインターネットが利用できるSIMカード購入希望の方にも、日本語でご案内が可能。そのためちょっとハードルが高い?現地SIMカードの購入もスムーズです。

フライトの到着時間に合わせて担当スタッフがスタンバイ

事前にフライトナンバーを伝えてもらうから、到着時間に合わせて担当スタッフが待機します。そのため「早く着きすぎちゃった!」、「かなり遅延してしまった……」なんて時でも安心です。

料金の支払いは現金かカードか好きな方を選べる

やっぱり現地で現金払いがいいという方や、カードで事前に払っておいた方が楽という方、どちらにも対応しています。また深夜のフライトだからといって、追加料金もかかりません

料金マクタン島宿泊(1 ~ 2名様)マクタン島宿泊
(3 ~ 9名様)
セブシティ宿泊
(1 ~ 2名様)
セブシティ宿泊
(3 ~ 9名様)
空港→ホテル1,600ペソ
(約3,000円)
2,000ペソ
(約3,900円)
1,900ペソ
(約3,600円)
2,400ペソ
(約4,600円)
ホテル→空港1,250ペソ
(約2,300円)
1,900ペソ
(約3,600円)
1,600ペソ
(約3,000円)
2,200ペソ
(約4,200円)

現地旅行会社が気になる疑問にQ&Aでお答え!

空港から市内まではどのくらいかかりますか?

マクタン・セブ国際空港からセブ市内まではスムーズに行けばおよそ30分。しかしマクタン島とセブ島を繋ぐ2つの橋では、かなり渋滞が激しいので1時間半を目安に考えおくのが最適です。また夕方の時間帯は毎日でも渋滞し、その中でも金・土曜日は終日かなり激しい渋滞になるので、移動の際は気をつけましょう

ゴルフバックやダイビングバックなど大きな荷物は持ち込めますか?

スーツケースより大きな荷物は追加料金をいただくことがあります。また72センチ以上のスーツケースを超えるサイズの荷物を持ってくる場合は予約時にご相談ください。

旅の始まりと終わりこそ快適に

空港送迎を上手く活用して、快適なセブ島旅行に役立ててくださいね。

旅行前はオプショナルツアーの予約も忘れずに。