【似ているのは常夏なだけ】セブ島?バリ島?比べて見えた7つの違い

次の連休は、日本を離れて南国のビーチリゾートでゆっくり過ごしたい!でもでも、お得な料金で移動時間も少ない方がいい…。

そんなあなたには、東南アジアへの海外旅行がおすすめ。その中でも屈指のリゾート地として人気が高いセブ島バリ島ですが、正直何が違うのか分からない……。

そこで今回はフィリピン・セブ島からそれぞれのみどころをまとめてみました。ぜひとも旅先を決める参考にしてくださいね。

セブ島とバリ島の違いは、ズバリ海!

どちらも南国リゾートとしてのイメージが強く、違いがいまいちわかりませんよね。どちらに行こうか迷ってしまったら、旅行で一番の目的を考えてみてください。

シュノーケリングや美しいビーチを満喫したいならセブ島へ。エキゾチックな文化や日本とは異なる文化や雰囲気を味わいたいならバリ島がおすすめです。

セブ島とバリ島の違いを6つの項目で比べてみました

どちらも東南アジアの島国日本からのアクセスがよく物価も安い。そのため様々な国から足を運ぶ人がたくさんいます。コレだけ聞くと、どちらもそっくりだと思ってしまいますが、比べてみると違いがはっきりとわかってきます。

まずは似ているようで似ていない、個性豊かなセブ島とバリ島をいろいろな視点から比較してみましょう。

セブ島とバリ島の大きさを比較

日本は6,852の島から成りますが、フィリピンは7,641島、さらインドネシアは17,508島とかなり離島が多いため、独自の文化や言語が根付いています。

海外ならではの文化を体験するのも海外旅行の楽しみのひとつですよね。

総面積人口言語
セブ島5,088km²約300万人ビサヤ語(英語可)
バリ島5,561k㎡約390万人バリ語(英語可)
沖縄県2,280k㎡約140万人日本語(英語可)

観光地やリゾートホテル限って言えば、英語でコミュニケーションができるため安心できます。

また、日本人スタッフが常駐しているところもあるため滞在先の情報を予め調べておきましょう。

セブ島とバリ島のフライト時間は大違い

旅行の計画を立てる上で外せないのがフライト時間や料金。南国リゾートにたどり着くためには、飛行機での移動が必須です。

現地で体調を崩さないためにも、しっかりとした準備をしておきたいものです。

セブ島へのフライト時間は約4時間30分

日本からの直行便が運行しているため、セブ島は比較的簡単にアクセスできます。
フィリピン航空(Philippine Airlines)セブパシフィック航空(Cebu Pacific Air)を利用すると、簡単にアクセスできます。

往復便の料金は、約35,000円 ~ 70,000円ほど。(購入時期によって異なります)

トランジット(乗り継ぎ)でのアクセスもあり

とにかく航空券を安く済ませたいよ……という場合にはマニラや韓国を経由してセブ島へ移動する手段があります。

料金を安く済ませることができますが、移動に伴う時間は9時間 ~ となっています。長期のお休みが取れた場合には、旅の思い出として挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

バリ島のフライト時間は約8時間30分

現在運行している直行便はガルーダ・インドネシア航空(Garuda Indonesia)のみ。
(成田 – デンパサール間を就航していた便は2019年1月14日に撤退してしまいました。)

料金は約70,000円 ~ 130,000万円と、セブ島に比べたらお値段が張ってしまいます。
トランジットは残念ながらありません。

セブ島とバリ島の季節について

どちらも年間を通して温暖な気候です。中でも乾季と雨季と呼ばれるシーズンに分かれており、観光をするなら天候に恵まれ、湿度も低いため過ごしやすい乾季がおすすめです。

一方雨季になってしまうと曇り空が広がる日々が続いてしまいますが、日本とは違って1日中雨が降り続くことは少なく、スコールのような激しい雨が一時的にやってきます。

平均気温 / 年おすすめシーズン気候
セブ島28℃12 ~ 5月熱帯モンスーン気候
バリ島28℃4 ~ 10月サバナ気候

引用
気象庁 / 地点別データ・グラフ / マクタン フィリピン
気象庁 / 地点別データ・グラフ / スラバヤ インドネシア

物価はバリ島の方が少しだけお高め?

日用品やビッグマックなどはフィリピン・セブ島の方が高い印象ですが、サービスを受けるとなるとバリ島の方がお値段は上がります。

しかし、日本と比べてリーズナブルな旅行を楽しむことができるので少しだけ贅沢気分を味わえますね。

ミネラルウォータービール高級レストランビッグマック
セブ島15ペソ
(約31円)
45ペソ
(約95円)
2,000ペソ
(約4,233円)
142ペソ
(約300円)
バリ島3,000ルピア
(約24円)
16,500ルピア
(約113円)
1,000,000ルピア
(約6,894円)
33,000ルピア
(約227円)

※2020年4月25日時点

5つ星ホテルの宿泊費用で比べる

トリップアドバイザーにて、2020年12月1日 ~ 3日(大人2名)で検索した上位3つのホテル一泊あたりの料金を比べてみました。バリ島ではお手頃な料金なものはそのままで、高級品になるほど料金が上がってしまう傾向があります。

お財布と相談してホテルを決めても良いかもしれませんね。

第一位第二位第三位
セブ島25,450円18,584円31,162円
バリ島32,896円65,915円82,469円

やっぱり気になるセブ島とバリ島の治安比較

実際に足を運んでみないとわからないのが現地の治安……。
言葉の壁や、文化の違いによるトラブルはとても不安ですよね。

東南アジアの中では世界的に著名なリゾート地であるため,治安も安定しています。

外務省海外安全ホームページのではフィリピン・セブ島およびインドネシア・バリ島どちらも以下のように記載されています。

「レベル1:十分注意してください。」
その国・地域への渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。

外務省:海外安全ホームページ / 東南アジア地域海外安全情報

訪日観光客が多く親日の人が多い

日本政府観光局(JNTO)国・地域別 / 目的別 訪日外客数でフィリピンとインドネシアからの訪日観光客数を確認できます。

2019年1月の訪日観光客数
フィリピン:24,727人
インドネシア:26,593人

インスタグラムで比べるセブ島とバリ島

やっぱり旅行の目的は足を運ばないと眺められない、一生な思い出になる景色や限定アクティビティですよね。インスタグラムの人気投稿からセブ島とバリ島の人気観光地をピックアップしてみました。

セブ島のインスタ映えスポット3選

オスロブ/ジンベイザメウォッチング

なんと遭遇率は驚異の99%!?大きなジンベイザメが毎日やってくるオスロブというセブ島南部の村をご存知ですか。

2011年から始まったセブ島屈指の大人気アクティビティを求めて世界中から観光客が集まる注目スポット。ジンベイザメとの2ショットを納めて、みんなに自慢しよう。

オスロブ/ジンベイザメウォッチング

アクセス:マクタン・セブ国際空港から車で約3時間30分

Natalio Bacalso Avenue, Oslob, 6023 Cebu

6:00 ~ 11:00

ジンベイザメが毎日やってくる

【セブ島ジンベイザメ総まとめ】値段は?おすすめの時期は?現地ツアー会社がお答え

セブ・シティ/シラオ・ピクトリアル・ガーデン

地元の人の投稿から話題沸騰したインスタ映えスポット。写真大好きなフィリピン人が喜ぶ花のモニュメントや珍しいオブジェがたくさんあります。

山腹にあるので、夕方まで過ごした後はセブ・シティを夜景を眺めに行くのがおすすめ。

セブ・シティ/シラオ・ピクトリアル・ガーデン

アクセス:マクタン・セブ国際空港から車で約1時間00分

Barangay, Sirao, Cebu City

6:00 ~ 18:00

ナルスアン島&パンダノン島/アイランドホッピング

セブ島定番アクティビティといえば、アイランドホッピング。波の揺れに強いバンカーボートに乗って、美しいビーチへ出発します。

真っ青に輝く海の上には個性豊かな島々が点在していて、船から眺める景色も見所の一つ。

かわいい熱帯魚とのシュノーケリングもインスタ映えも叶う夢のようなアクティビティ。日差しが強いので、日焼け止めは忘れずに。

ナルスアン島&パンダノン島/アイランドホッピング

8:00 ~ 16:00

バリ島のインスタ映えスポット3選

カビナ・バリ/フローティング・ブランチ

バリ島を訪れるほとんどの日本人が足を運ぶ大人気レストラン。インスタ映え間違いなしのおしゃれなカフェで、普段頑張る自分へのご褒美タイム。

一見リゾートホテルのように見えますが、こちらはカフェなのでプールに入らずにコーヒーや食事メニューを堪能できます。

カビナ・バリ/フローティング・ブランチ

アクセス:デンパサール国際空港から車で約25分

Jalan Gang Daksina No 01, Batu Belig, Kerobokan, Denpasar 8031

8:00 ~ 21:00

プナタラン・アグン寺院/ランプヤン寺院

遠くにそびえる霊峰アグン山が写真に彩りを与えてくれるバリ島屈指のパワースポット。プナタラン・アグン寺院とは周辺に集まる8つの寺院の総称で、写真は麓にあるランプヤン寺院で撮影できます。

大人気撮影スポットなので、30分 ~ 1時間待ちになることもあります。

また、寺院を巡る時は、肌の露出をなるべく控えた服装で訪れましょう。

ランプヤン寺院/プナタラン・アグン寺院

アクセス:デンパサール国際空港から車で約2時間

Penataran Lempuyang, Bunutan, Abang, Seraya Bar., Kec. Karangasem, Kabupaten Karangasem, Bali 80852

7:00 ~ 17:00

バリ・スイング/ウブド・ボンカサ

言わずと知れた大人気スポット。公園のブランコとは違って大人が楽しむダイナミックなアクティビティ。

2017年の創業以来観光客の足が途絶えず、今ではバリスイングを体験するために大行列ができることもあるそう。バリ島に行ったらぜひともスマホに納めたい素敵な一枚ですね。

バリ・スイング/ウブド・ボンカサ

アクセス:デンパサール国際空港から車で約1時間

Jl. Dewi Saraswati, 80352 Bongkasa Pertiwi, Kapubaten Bandung, Bali

8:00 ~ 17:00

寺院や緑に囲まれた大自然を満喫するならバリ島

ビーチで南国気分を味わいたいならセブ島で決まり!

セブ島とバリ島のローカル料理を比較

それぞれ人気のレストランやローカル料理をピックアップしました。大事な「食」について比べてみましょう。

フィリピン料理はお財布に優しい??

アバカグループのレストラン

グルメなあなたも唸るほど美味しい、洗練された料理と空間を堪能できます。アバカ風にアレンジした世界各国の料理を味わえるのはセブ島だけ。

セブ島に何度も足を運んで欲しいから、店舗はすべてセブ島内に構えているそう。セブ島への愛とこだわりが感じられるおしゃれレストランはとってもおすすめです。

レチョン

フィリピン料理を代表する伝統料理。お祭りやお祝いごとの日などの特別な日に食べられます。

お店によって味付けや皮のパリパリ度が違うので、いろいろなレチョンを食べ比べて自分好みを見つけてみてください。

ハロハロ

フィリピンを代表するデザートはとっても甘くてジューシーなマンゴーと相性バッチリ。他にもウベ味のアイスが乗ったものやいろいろなフルーツがぎっしりと詰まったものもあります。

Halo-Haloはタガログ語(フィリピンで最も使われている言語)で「まぜこぜ」という意味があります。

インドネシア料理は焼き物が多くて親しみやすい

バリ島初心者は行くべき!バリの老舗マデス ワルン

引用:4travel

インドネシア料理を食べたことがないよ……。という方にこそ足を運んで欲しい地元民に愛されるレストラン。幅広いジャンルの料理を揃えているので、何を食べたらいいか迷っちゃいますね。

ナシチャンプル

インドネシア国民に愛されるローカルフード。ご飯の上に様々なおかずをのせてワンプレートになっているものを指します。

ナシはインドネシア語で「ごはん」、チャンプルは「混ぜる」という意味です。ゴーヤチャンプルと似ていますね。

おしゃれカフェで見た目もおいしいスイーツを

引用:KYND COMMUNITY

バリ島観光で外せないのがカフェ巡り。フローティング・ブランチや世界的に有名な絶品スイーツなどが盛りだくさん。時間の許す限り、宝石のようなお菓子を堪能しよう。

一足伸ばせば、本物の秘境体験が待っている!?

セブ島から約1時間のパラワン島

フィリピン最後のフロンティアと呼ばれる、自然豊かな離島には世界遺産に認定された「アンダーグラウンドリバー」や切り立った岩肌と透明な海が広がるエルニドなど、セブ島とは一味違った観光体験をすることができます。

バリ島から約45分のペニダ島

まだまだ観光地化されていない、絶景を満喫できるペニダ島でのんびりと流れる時間と美しい自然の中で非日常感を思う存分満喫できます。

美しい海も、ここでしか出会えない絶景も、大自然も遊び尽くしたいあなたにぴったりの美景スポット。

まだまだ迷っているあなたに!旅先を決めるポイントをご紹介

家族・子連れのあなたはセブ島がおすすめ

リゾートホテルでゆったりとしながら、お子様と一緒にシュノーケリング体験。最高の思い出になること間違いなしのスリリングなジンベイザメとの遊泳体験など、全身で楽しめるアクティビティがたくさんあります。

カップルで訪れるならバリ島旅行

大切な二人の時間を素敵な写真と一緒に残しましょう。大人になったからこそ楽しめる、おしゃれスポットが盛りだくさんのバリでの休日を過ごしましょう。

コスパで選ぶなら……?

比較的リーズナブルなお値段で海外旅行を満喫できるセブ島とバリ島ですが、それぞれ異なる個性が光っているので、旅の目的にあった方を訪れてみてください。

アクティブな旅行を探しているあなたにはセブ島がおすすめ。
フォトジェニックな旅や寺院を巡る文化的な度はバリ島がぴったりです。

機会があったら両方とも足を運んで、それぞれの見所を見つけてみてくださいね。

まだまだ紹介したい魅力が盛りだくさん

どちらも魅力あふれる観光地ですが、まだまだ紹介できていない魅力的な場所がたくさんあります。比較に役立つポイントをセブ島からお届けしました。

CSPトラベルはあなたのセブ島旅行に役立つセブ島ツアーをたくさん用意しています。行き先に迷ってしまったら、いつでもLINEにてお気軽にご相談ください。