【2020年2月28日更新】新型コロナウイルスによるフィリピン・セブへの影響は?渡航は中止?

フィリピン・セブ島は大丈夫?新型コロナウイルスの影響と対策

・2020年2月28日:入国・渡航制限に関する最新情報をアップデートしました。

・2020年2月26日:オスロブの感染に対する対策、入国時の健康チェックシートの詳細を追記しました。

フィリピンでは新型コロナウイルス対策として中国路線の運休が発表されました。

2月2日に中国・武漢市から訪比した中国人男性の死亡によって日本より遥かに早いスピードで感染対策が行われています。

旅行を予定している方は、フィリピン・セブ島で行われている新型コロナウイルスによる各観光地への影響や安全性が気になりますよね。

様々な情報が飛び交う中、フィリピン・セブ島からの情報をお届けします。

14日以内に中国本土とその特別行政区への渡航歴がある外国人の入国を禁止

【2020年2月26日更新】
・フィリピンへの入国制限
1.永住ビザの所有者,フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者以外の外国人は,過去14日間以内に中国,香港,マカオ,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある場合は入国及び乗継ぎを禁止。
2.過去14日間以内に中国,香港,マカオ,韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に滞在歴のある永住ビザの所有者,フィリピン人の外国人配偶者又は子供,外交ビザの保有者の外国人は,14日間の検疫を条件として,入国が認められる。

・フィリピン国民に対する渡航制限
1.フィリピン国民については,中国(香港,マカオを除く)への渡航を禁止。
2.フィリピン国民のうち,香港,マカオ,韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者以外の者については,これら香港,マカオ,韓国への渡航を禁止。
3.フィリピン国民のうち,香港,マカオ,韓国の永住者,これら国・地域への留学生,これら国・地域への労働者については,関連するリスクについて認識し,理解したことを示す宣誓書に署名することを条件に,これら香港,マカオ,韓国に渡航することが認められる。

在フィリピン日本国大使館

現在届いている、在フィリピン日本国大使館からの感染症情報の一部を共有します。日本では確認できないフィリピンならではの情報となりますので、ぜひセブ島旅行の参考にしてください。

フィリピン入国時に健康チェックシートの記入が必須となっています

2月2日の入国金措置より以下の健康チェックシートを入国審査時に提出するようになりました。あくまでも自己申告となりますが、フィリピンのコロナウイルスに対する予防対策として実施されています。

入国カードと共に入国管理局で提出するので、飛行機に乗り込む際はボールペンを忘れずに。

Arrival Card

各観光地で新型コロナウイルスの感染対策

健康チェックシート

LTFRB(フィリピン運輸省)は、すべての運輸事業者へマスクの着用を通告しました。空港から多くの観光客を運ぶタクシードライバーを初め、貨物を運ぶトラックドライバーもマスクを着用してセブ島を走っています。

大人気観光地「オスロブ」では国籍確認のためにパスポート情報の確認を行い、健康カードによって自己申告を行うように呼び掛けています。※2月24日より記入が不要となりました。

上記はほんの一例ですが、日本と比べて医療がまだ発達していないフィリピンだからこそ新型コロナウイルスの感染対策が実施されています。

観光・旅行への影響はありません

日本同様、適切な手洗いと咳エチケットを実践することは大前提です。しかし、新型コロナウイルスによるフィリピン・セブ島観光地の営業停止はありません。感染者も日本と比較して3名のため、あまり心配に及ばないかもしれませんね。

安全・安心の旅行のために

近年セブ島では、日本人旅行客を狙った違法事業者によるツアー催行が多発しています。万が一のトラブルに備えて、連絡先や旅行会社の選び方を確認しておきましょう。

違法業者にご注意!失敗しないツアー会社の選び方

話題になっている中国国外初の死者はマニラの病院

武漢市出身の中国人男性がセブ島に滞在していたことが取り上げられていましたが、航空機乗換のために数時間ほど空港に滞在していました。

その後ドゥマゲテにて3日過ごした後にマニラの病院にて息を引き取りました。

フィリピン・セブ島旅行での新型コロナウイルス感染対策

コール(サニタイザー)

現在セブ島では世界各国同様マスクの入手が困難となっております。そのため日本で入手できる場合は滞在期間分のマスクを持ち込みましょう。

アルコール(サニタイザー)で食事前に消毒をしましょう。一家に一本は必ずと言っていいほどある、ISOPROPYL ALCOHOLがおすすめです。手洗い・うがいでの感染予防も忘れずに!

これまでのフィリピンのコロナウイルス対策・対応一覧

・2月18日,フィリピン保健省は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する省庁間タスクフォースが開催された後,次のような入国・渡航制限の免除の再定義につき発表しました。
(1)中国,香港,マカオからの入国について,これまで認められていたフィリピン人と永住ビザの所有者に加え,フィリピン人の外国人配偶者及び子供,外交ビザの保有者に対しても,14日間の検疫を条件として,認められることとなりました。
(2)香港,マカオへの渡航について,これら特別行政区の永住者,留学するフィリピン人及びフィリピン人労働者は,関連するリスクについて認識し,理解したことを示す宣誓書に署名することを条件に,渡航が認められることとなりました。

在フィリピン日本国大使館

・2月14日,フィリピン政府は,新型コロナウイルス(COVID-19)に関する省庁間タスクフォースを開催し,終了後,台湾に係る入国・渡航禁止措置を解除したことを発表しました。

・2月17日現在,フィリピン人及びフィリピンの永住許可を保有する外国人以外の中国,香港,マカオからの入国(入国日前の14日以内に同国・地域に渡航歴のある者の入国を含む。)禁止措置は継続されています。

在フィリピン日本国大使館

・フィリピン保健省は,2月10日現在,フィリピン国内において確認された新型コロナウイルス症例は3件(いずれも中国からの渡航者。うち1名死亡)と発表しています。

・フィリピン保健省(2月7日付け勧告)は,感染の拡大を防止するため,非常に多くの人が集まる行事への参加を避けることを強く求め,大規模な行事等の開催を当面中止することを推奨しています。

在フィリピン日本国大使館

・2月5日(当地時間),フィリピン保健省は,フィリピンにおいて3人目の中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス症例を確認したことを発表しました。当該患者は,1月20日に中国・武漢市から香港経由でセブに到着し,その後ボホールに移動した後,22日,発熱と鼻炎の症状のためボホールの私立病院に受診しました。1月29日,30日に判明した検査結果では陰性であり,患者の状態が回復したため,1月31日に退院し,セブ経由で中国に戻ることが許可されていました。しかし,2月3日に,別の検査において結果が陽性であったことが判明したため,フィリピンで3人目の症例と発表されました。

・フィリピン入国管理局は,引き続き,14日以内に中国本土とその特別行政区(香港,マカオ)への渡航歴がある外国人渡航者のフィリピンへの入国を禁止しています。また,中国本土とその特別行政区(香港,マカオ)からのフィリピン人及び永住許可を保有する外国人は,14日間の検疫を受けることを条件に入国を認めることとしています。

在フィリピン日本国大使館

フィリピン政府は2月2日、中国全ての地域からフィリピンを訪問する外国人(中国人を含む)について、フィリピンに永住権を持つ外国人を除き、入国を禁止する措置を発表した。

日本貿易振興機構(ジェトロ)

不調を感じたら無理をせずに医師の診察を受けましょう

もしもの時に備えて以下にお役立ちリンクを掲載していますので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

<フィリピン保健省>
新型コロナウイルス関連

<フィリピン運輸省>
新型コロナウイルス関連

<日本国外務省>
フィリピンの主な医療機関のリスト

<日本国厚生労働省>
新型コロナウイルス関連
新型コロナウイルスに関するQ&A

<日本国首相官邸>
新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~