セブ島の旅費を抑える3つのコツとは?実際にかかる費用を徹底解説

セブ島の旅費アイキャッチ

物価が安く、お手頃に南国気分を味わえるセブ島。

ちょっと贅沢してリゾート気分を味わいたいけど、無駄な出費は避けたいですよね?

そこで今回、現地に住んでいるわたしが旅行にかかる費用について徹底解説。

旅費を抑える節約術やホテル・アクティビティなどにかかる費用について詳しくご紹介します。 

セブ島で旅費を抑えつつ楽しむ3つのコツ

ハイシーズンを避ける

セブ島のハイシーズンにご注意

繁忙期になると航空券やホテルの宿泊料金が高くなる傾向がありますが、それ以外のツアー代金や食費などは年間を通してほとんど変わりません。

セブ島は飛行時間が約5時間で時差はたったの1時間。日本からアクセスしやすいため土日・祝日を上手く利用して、繁忙期を避けるのがおすすめです。

②ポケットWifiではなくSIMカードを利用する

インターネットを使う手段4日間でかかる料金
セブ島の空港にてSIMカードを購入約700円
日本でポケットWiFiをレンタル約5,000円

3泊4日のセブ島旅行の場合、実際にかかる料金を比べてみると一目瞭然。物価が安いセブ島では4日間で約700円と、ポケットWifiのおよそ7分の1でインターネットを使うこと-ができます。ショッピングモールはもちろんのこと、マクタン・セブ国際空港の到着ロビーでSIMカードを購入可能。少し面倒な手続きもスタッフがやってくれて簡単なため、SIMフリーのスマホを持っている方はSIMロック解除してセブ島にいきましょう。

ツアーを利用して効率よく観光地を巡る

ツアーでお得にセブ島を巡ろう

南北225kmに広がる魅力溢れるセブ島の観光スポット。セブ市内から離れている場所も多く、ジンベイザメと泳げる人気観光スポット オスロブはセブ市内から車でおよそ4時間かかります。そのため個人で行くよりも、オプショナルツアーに参加する方が、1日でより多くの観光地を効率よく巡ることができ、お値段以上の充実感を味わえます

安全はお金で買えます。安すぎには要注意!

2019年10月、格安ツアー会社を利用した日本人家族がセブシティから100km離れた人通りの少ない山中に取り残される事件が発生しました。楽しみにしていたせっかくセブ島旅行の1日が、この事件で台無しに……。そうならないためにも、フィリピン政府観光省認定の会社であることをしっかりとチェックしてからツアーを予約しましょう

違法業者にご注意!失敗しないツアー会社の選び方

セブ島格安ツアー会社に潜む罠……日本人を狙った違法経営者に要注意

3泊4日のセブ島旅行!贅沢しても15万円かからない

下記の表からわ かるように、物価が安いセブ島では5つ星高級ホテルに滞在し、オプショナルツアーに2日間参加したとしても、旅行で使う料金の相場はたったの146,635円。15万円以下で贅沢な南国リゾート気分が味わえるなんて夢みたいですね。

5つ星高級ホテル – 3泊利用48,735円
航空券(平均価格)57,900円
オプショナルツアー – 2日間利用20,000円
食費10,000円
お土産5,000円
交通費・SIMカード・その他5,000円
計(1人あたり)146,635円

大まかな出費をざっくり確認したら、それぞれの費用について詳しくみていきましょう。

ホテルステイを楽しむか、値段で決めるか

ホテルステイをどう楽しむか

ホテルの1泊あたりの宿泊料金は5,000円と格安で泊まれるところから、30,000円以上かかるところなど様々

マクタン島にある6つの5つ星ホテルの1泊あたりの平均宿泊料金は32,490円(参考:るるぶフィリピン セブ島・マニラ)。

つまり1人あたりの料金は半分のおよそ16,245円になるため、ハワイやグアムではちょっと手の届かない5つ星ホテルにお手頃に泊まることが出来ます

ホテルステイを楽しみたい方はプライベートビーチを持つマクタン島のリゾートホテル、それに対してショッピングを楽しみたい方はセブシティのホテルを選びましょう。

航空券は安い時期を狙う!プロモーションが最もお得

セブ行き航空券の相場グラフ
参考:skyscanner, セブ行き航空券の相場・旅行のベストシーズン

年間の航空券の相場を比較するとわかるように、時期によって料金がかなり異なり、最安値が10月の45,684円最高値が12月の74,070円です。

また航空会社により不定期で行われるプロモーションにより通常の半額以下で航空券が手に入ることも!(2020年春は片道100円セールをやっていました)最安値を狙うためには公式サイトを頻繁にチェックしましょう。

フィリピン航空公式サイト
セブパシフィック航空公式サイト

アクティビティは1万円以内で充実

セブ島のアクティビティは日本と比べて半額以下?!

セブ島では空から美しい景色を一望できるパラセイリングが約5,000円、ライセンスのいらない体験ダイビングが約4,000円と、日本の半額ほどでアクティビティを楽しむことができます

ジンベイザメとのシュノーケリングや美しい離島を巡るアイランドホッピング、また自然豊かなボホール島など、魅力の異なる観光地をツアーを使って快適に楽しみましょう。

食費は安く済むが、食べ過ぎには要注意!

フィリピン伝統料理レチョン

人気の高いタピオカが約200円、焼肉の食べ放題がたったの600円と驚きの料金で楽しむことができるセブ島。

日本と比べて食費はかなり安いですが、観光客向けの高級店で食べる場合はお手頃とは言えないので要注意。またクレジットカードを使えない店舗もあるので、あらかじめ使えるかどうかをお店の人に確認しておくと安心です。

フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

【何でも安いわけじゃない?】フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

交通費は圧倒的に安いので上手く活用しよう!

セブ島の交通手段はタクシーがメイン

1年中灼熱の太陽が照りつけるセブ島での移動手段は主にタクシー。タクシーの料金は日本と同じメーター式で、初乗りはたったの40ペソ(約85円)です。そのため、セブ市内からリゾートホテルが立ち並ぶマクタン島に移動してもおよそ200ペソ(約440円)と格安で移動することができます。

しかし一部のドライバー(マクタン島の方が治安が悪い)によるぼったくり被害が発生しているため、乗車後はメーターを使用したかどうかを確認しましょう。またマクタン島にある空港からの移動は空港送迎を使うことをおすすめします。

フィリピン・セブ島はタクシーが安全!?拾い方・料金・注意点まとめ

空港送迎アイキャッチ

【セブ島の空港送迎】空港からホテルまでのおすすめ移動手段とは?

セブ島旅行で外せない?スパ・マッサージは日本よりお手頃価格

コスパ最強のセブ島のスパ

セブ島ではお手頃な町スパ、ちょっとリッチなヴィラスパ、リゾートホテル内にあるホテルスパの3種類に分かれています。

1時間の極上マッサージがたったの1,000円で受けられるところから、10,000円以上かかるところまで。自分の予算に合わせてマッサージする場所を決められますね。

マッサージセブ島東京
ボディトリートメント約8,400円 / 60分16,800円 / 60分
ウェルネス トリートメント約21,000円 / 2.5時間47,000円 / 2.5時間
高級スパCHI・スパ – セブ島と日本の料金比較

また5つ星高級ホテル シャングリ・ラ マクタンのCHI・スパの料金を、セブ島と東京で比べると一目瞭然!日本では少し手の届かない最高級のマッサージをセブ島で満喫してみては。

セブ島スパまとめ2020バナー

【セブ島のおすすめスパ&マッサージ7選】お店選びで迷ったあなたへ

なんでも安いわけじゃない!お買い物は現地の物を

セブ島のショッピングモールで現地の商品をゲット

物価が安いセブ島ですが、ブランド品である海外輸入品は高級品として扱われるため、料金は日本とあまり変わりません。しかし海外であるセブ島では日本未上陸のブランド品に出会える嬉しいポイントもあります。

フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

【何でも安いわけじゃない?】フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

お得にセブ島旅行を楽しもう

旅行で1番気になる費用について、大まかに掴めたでしょうか?

物価の安いセブ島だからこそできる贅沢なバカンスを楽しみましょう。

ABOUT US

さくら
オーストラリアで5ヶ月間語学留学、東南アジアを1ヶ月バックパッカーしてました。旅行やアクティブなことが大好きです。 セブ島に来たらフィリピン料理であるレチョンは1度食べて欲しいです。