【最新版】フィリピン航空に日本語で問い合わせ 電話番号は?キャンセルはできる?

フィリピン航空への問い合わせ方法アイキャッチ

フィリピンと日本を空で繋ぐフィリピン航空(Philippine Airlines)

なんと来年の2021年には創立80周年を迎えます

しかし新型コロナウイルスの影響で2020年5月31日までフィリピン航空の国際線および国内線はキャンセルされてしまいました。

そこで気になる問い合わせ方法や、購入済の航空券の変更や再予約、払い戻しなどの手続き方法を簡単にご紹介します。

現在問い合わせできるのは英語のみ(5/7現在)

新型コロナウイルスの影響でフィリピン航空 日本予約センターは5月17日まで休業中、そのため現在問い合わせができるのはフィリピンのコールセンターのみです

フィリピンのコールセンター電話番号

電話番号:(+632)8855-8888

営業時間:7:00 ~ 19:00 毎日(フィリピン時間の8:00 ~ 20:00) 

しかし対応言語が英語とタガログ語(フィリピン公用語)しかないため、日本語での問い合わせはできません。

なお東京・名古屋・福岡に支社がある発券カウンター(対面カウンター)は5月30日まで休業していて、予約センターは5月18日から9:00 ~ 17:00で営業を再開します。

問い合わせが殺到しているため、繋がりにくくなっています。実際に電話をかけてみましたが保留が続き、15分ほど粘りましたが結局繋がりませんでした。

myPAL Request Hubを使って、英語を使わず簡単に手続き

myPAL Request Hubからはフィリピン航空の購入済航空券の変更・再予約・払い戻しの手続きを行うことができます。名前やチケット番号などをフォームに記入・送信、そして記入したメールアドレス宛にメールが届いたら完了です。

自宅から簡単に手続き可能

・1年間有効なトラベルバウチャーに変更する(10%)

・検疫強化後のフライトを再予約する(期間は無制限)

・払い戻しを請求する

通常、フライトの変更は出発日の7日前までに連絡する必要がありますが、新型コロナウイルスの影響でフライトがキャンセルされたり、渡航禁止令により渡航が不可能になった場合は、強化されたコミュニティ検疫期間後でも、フライト予約日後でも変更の手続きが可能なので安心です

しかしこれらの申請の対象になるのは、フィリピン航空のチケットオフィスやウェブサイトを利用した方のみ。旅行代理店やExpediaなどのオンライン旅行代理店を利用した場合は、予約したお店に直接連絡して手続きをしましょう。(店により、対応が異なることがあります)

フィリピン航空へ日本語で問い合わせ先は?

渡航前に不安を解決!日本語で詳しく問い合わせることができます。

フィリピン航空会社東京支店(日本予約センター) :03-5157-4362

予約済みのチケットの日付変更やキャンセル返金などの手続きを行うことができます。しかし電話がなかなか繋がらないことも多いので、直接発券カウンターに行って手続きをする方が早いかもしれません。

フィリピン航空会社東京支店

東京都千代田区永田町2丁目14−2

【5/17まで休業】予約センター:8:30 ~ 18:30(日祝休み)

【5/31まで休業】発券カウンター:9:00 ~ 17:00(土日祝休み)

まとめ

フィリピン航空は6月1日から運行開始予定です。一刻でも早く、当たり前の日常が戻ることを願うばかりです。

またフィリピン航空の公式Facebookで最新情報を見ることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。