【セブ島・シマラ教会】まるでお城?!願いを叶えに行ってきた

シマラ教会

奇跡が起こる教会

その言葉を初めて聞いた時、衝撃を受けました。

なんと言ってもセブ島南部のシホンガという街にそびえ立つシマラ教会にいるマリア様が願いを叶えてくれるんだとか。

さくら

本当に願いが叶うの???お城みたいでかわいくない?!

とシマラ教会が気になって眠れなくなったので実際に行ってその真相を確かめてきました。

気になる行き方や見どころ、本当に起こった奇跡の数々まで、シマラ教会の全てを今回ご紹介します。

CSPトラベルでシマラ教会にいこう

CSPのツアーにご参加いただいたお客様限定で、シマラ教会への送迎サービスをお申し込みいただけます。

またジンベイザメとシュノーケリングができるオスロブや、ウミガメと泳げるモアルボアルなどセブ島南部の観光地を訪れるツアーのオプションでもお申し込みも可能ですので、なんなりとお問い合わせください。

予約受付CSPトラベルのオプショナルツアー参加のお客様
人数大人2名〜
料金送迎代 (入場料はかかりません)
送迎代宿泊先ホテル 〜 シマラ教会
往復:5,500ペソ / 組

「セブ島最大のパワースポット」美しい景色に感動

到着した瞬間驚き!まるで中世のヨーロッパのお城

シマラ教会全体写真

シマラ教会の門をくぐり、目の前に見えてきたのはこちらの景色!美し過ぎて言葉になりませんね。セブ島の忙しない雰囲気とは打って変わって、まるでヨーロッパにきてしまったかのような壮大な景色が広がっています。またキレイに整備された中庭と美しい建物は写真映え間違いなし。セブ島現地の方のみならず、観光客の姿もチラホラと見かけました。

荘厳な雰囲気の聖堂

荘厳な雰囲気の聖堂

その外観を楽しんだあと、聖堂の中へ入っていくとキラキラ輝く神殿が。宗教に入っていない私でも、この聖堂にいるとどこか穏やかな気持ちになるような神聖な雰囲気が漂っています。

本当に願いが叶う

マリア様にお祈りをして必要なくなった松葉杖

なんと聖堂裏にいるマリア様に祈りを捧げると、本当にその願いが叶うと言うのです。その証拠に実際にシマラ教会に足を運び、願いが叶った人からの感謝の手紙が跡を立ちません。”難関テストに合格した”や”難病が治った”など、奇跡が起こった実例は様々。その手紙と共に送られてくる、合格書や必要なくなった松葉杖、車椅子などが一緒に展示されています。

涙を流すマリア様

涙を流したマリア様の記事

マリア様の誕生日である9月8日に近くなると、マリア様が涙を流した神秘的な姿が度々目撃されています。その他にもマリア様が目を閉じた、人間の肌が現れた、幻想が現れたなど、多くの現象が写真である証拠とともに残されており、奇跡が起こると信じられています。

お祈りの仕方は全部で3種類

①願いを叶えてくれるマリア様(MAMA MARY)に会ってきた

願いを叶えてくれるマリア様

シマラ教会内に入ると長蛇の列が。願いが叶うと言われている聖堂裏のマリア様に会うにはこの長い列に並ぶ必要があります

私自身、土曜日の朝9時にシマラ教会に到着しましたが、実際に会えたのは10時半。土曜日と言うこともあり、1時間半並びました。

※シマラ教会で写真や雰囲気を楽しみたいという方は並ぶ必要はありません

アドバイス
長い列を待っているほとんどの時間は屋外。暑い中長時間待つのは大変なので、飲み物や日傘、帽子などがあると便利です。

お祈りの流れ

①聖堂に入る前に靴を脱ぐ(靴入れなどはないので壁に沿って並べましょう)
②マリア様のケース&メダル入れにタッチ
③寄付金を入れてお祈りします(お賽銭と同じイメージ)
④階段を降りてもう一度お祈り
⑤祈りの手紙を書く(どんな願いを叶えたいか書いてみよう)
⑥投函箱に手紙を入れる

お祈りの仕方はとっても簡単!せっかく時間をかけてシマラ教会にきたのなら、マリア様に願いを叶えてもらいましょう。

注意
長い時間マリア様の前に立っていると警備員に注意されてしまいます。時間をかけて願いごとをしたい気持ちはわかりますが、みんな同じなのでお祈りが終わったらすぐに次の人に譲りましょう。

②祈りを捧げるカラフルなロウソク

カラフルなロウソク

キリスト教では願いを込めてロウソクに火を灯すと、その願いが叶うと言われ一般的な教会にはピンク・紫・白の3色のロウソクが置かれています。しかしシマラ教会では13色もの中から選ぶことができ、色によって異なる願いをお祈りすることができます。

ロウソク:35ペソ/1つ

13色のカラフルなロウソクの意味

叶えたい願いの色を選んで、ロウソクに火を灯そう。

13色のカラフルなロウソクの意味
金色健康回復・一族繁栄
緑色試験やビジネスの成功
青色忍耐力・昇進・キャリアアップ
紫色努力や旅の達成
赤色友達や家族へ愛、結婚
黄色平和・安泰
白色正しい道・導き・純粋
オレンジ家族や恋人、敵との和解
ピンク幸福・喜びへの感謝
黒色魂への許し
茶色使命(夫婦・聖職者・独身者)
灰色悪い道や事、精神からの救い
クリーム色改宗・信仰

③お土産を買って奇跡のパワーを持ち帰ろう

シマラ教会で買うことができるお土産

教会にある売店ではブレスレットやネックレス、キーホルダーなど多くのお土産が売られていました。誕生石のブレスレットは可愛くて、セブ島旅行のお土産にもぴったりです。

ブレスレット:150ペソ
キーホルダー:100ペソ

シマラ教会の歴史を知れば、観光がさらに楽しくなる

博物館内の世界各国のマリア様

聖堂のすぐ横に“MUSEUM”と書かれた看板を発見。その道を進んでいくと、シマラ教会の歴史や世界各国のマリア様が展示されていました。国ごとによって顔や衣装、肌の色の異なり、その中には日本のマリア様も発見しました。

シマラ教会の奇跡の始まり

シマラ教会のお城のような建物

奇跡の始まりは1998年。その年、シマラ教会の周辺では蚊に刺されることによって発症するデング熱が大流行。多くの人がその病に苦しみ、助けを求めていました。そんな時に現れたのがシマラ教会にいる修道士。彼が祈りを捧げ続けたところ、デング熱の流行が収まり、病が過ぎ去ったと言われています。

セブ島最古の教会であるサントニーニョ教会が建てられたのが1565年。それに比べてシマラ教会が建てられたのは1996年。実はシマラ教会は歴史の浅い教会なんです。

増築中!セブ島最大規模のパワースポット

下から見たシマラ教会

はじめは一般的な教会と同じ規模の大きさであったシマラ教会ですが、信者の寄付やお土産などの費用を使い、2006年より増築が始まりました。実は現在もこのシマラ教会は増築中。この大きなシマラ教会内を探検して、違った角度から眺めてみるのもいいですね。

シマラ教会への行く時の注意点

セブ島南部のシボンガという街に位置しているシマラ教会。セブ市内からは車で約2時間でいくことができます。

シマラ教会
営業時間:6:00 ~ 18:00
入場料:無料

平日に訪れるのがおすすめ

マリア様に会うために長い列に並ぶ

フィリピン人の約90%がキリスト教。日曜日に教会に参拝をしに行く習慣があるため、日曜日は多くの人が集まり、入場するのにも時間がかかってしまいます。なるべく訪れるのには平日を選び、週末訪れる場合は朝一番か夕方ごろ訪れることをおすすめします。

月〜金正午
土日正午, 15時
毎月13日正午, 15時

キリスト教には信者が教会に集まり、祈りを捧げるミサと呼ばれるものがあります。そのため上記の時間帯には多くの人が集まるので注意しましょう。

ドレスコードあり!露出のある服装では入場できない

シマラ教会のドレスコード

南国のセブ島に来たら露出が多くなりがち。しかし、袖のないキャミソールやショートパンツなど肌の露出がある服での入場はできず、警備員に止められてしまうため気をつけましょう。

また洋服以外にも、リュックや大きな荷物を持って入場することはできません。

入場できなかったら現地で購入

シマラ教会の外で買うことができる洋服

シマラ教会の入り口がある通りには屋台やお土産屋さんが立ち並んでいます。そこで肌を覆う布やTシャツなどが売っているので購入しましょう。

セブ島南部の観光地と一緒に行くのがかしこい

シマラ教会を一緒に行ける観光地

ジンベイザメとシュノーケリングができるオスロブやカワサン滝などセブ島南部にある自然あふれる観光地の帰りに寄るのがおすすめです。ツアーの帰りは露出の多い服になりがちですが、入場することができなくなってしまうので着替えは肌を隠せる服にしましょう。

シマラ教会への自力での行き方

個人でシマラ教会への行き方は2パターン。セブ市内からはバスとバンを使って行くことができます。行きはバン、帰りはバスを使ってシマラ教会を訪れたわたしが徹底解説。

シマラ教会とバックショット

バス+バイクタクシーorトライシクル

サウスバスターミナル

バスではシマラ教会に直接行くことはできません。セブ島市内にあるサウスバスターミナルからシマラの街まで行き、そこからバイクタクシーやトライシクルに乗り換える必要があります。

バスでシマラへ行く流れ
①サウスバスターミナルから“Sibonga”と書いてあるバスに乗車。
②バスに人がいっぱいになると出発、そして添乗員の方が周ってくるのでバス代を支払う。
③約2時間でシマラの街に到着。
④バス降車後、バイクタクシーやトライシクルに乗り換える。
⑤約15分でシマラ教会に到着。

シマラ教会のある街であるSibonga(シボンガ)行きのバスに乗るのが一番わかりやすいですが、

Alcoy / Santander Liloan Port / Oslob / Dalaguete / Argao

上記の行き先のバスに乗っても、途中でシボンガを通るためシマラ教会へ行くことができます。

バス

日本の長距離バスと違い、セブ島のバスは日本の市バスのようなイメージです。事前予約などは必要なく、セブ島の各地にあるバス停で乗り降りすることができます

時間:約2時間 ~ 2時間半
料金相場:60 ~ 90ペソ/人

バスのタイプはエアコン付きとエアコンなしの2種類。エアコン付きのバスの方が新しく、席も大きいため快適なのでおすすめです。またエアコンはガンガンについているため、上着を持っていくと長旅をより快適に過ごせますよ。

また行き先が同じでもバス会社ごとによって値段が異なります。エアコン付きのバスの方が少し値段は高くなりますが、大きな違いはないのでエアコン付きのバスが来たら乗ってしまうのが最適です。

バイクタクシーorトライシクル

バスでシマラの街まで着いたら、バイクタクシーとトライシクルの人たちが待ち構えているのでシマラ教会まで連れていってもらいましょう。

時間:約10 ~ 15分
バイクタクシー:料金相場 30 ~ 50ペソ
トライシクル:料金相場 約100ペソ(貸切)/約20ペソ(乗り合い)

値段は交渉次第。日本人というだけで高い金額を請求される可能性があります。下手に値切りなどをすると、トラブルに巻き込まれることもあるのでよく注意しましょう。

バンで行く場合

シマラ教会へバンで行く場合

セブ市内にあるバンサウスターミナルから直接シマラ教会に行くことができます。

バンでシマラへ行く流れ
①バンサウスターミナルの”シマラ”行きのバンの前で待つ。
②少し待つとバンが到着、そのまま乗り込む。
③バンの中に人がいっぱいになったらバンの料金をお支払い。
④全員の支払いが終わったら出発。
⑤約2時間ほどでシマラ教会に到着。

車内はかなり狭くなっています。またクーラーはガンガンにかかっており、肌寒く感じることもあるため、薄手の上着があると便利です。

時間:約2時間
料金:120ペソ

私がバンを使用した時は最後の山道をかなり速いスピードで登っていき、少し怖い思いをしました。バスを使うと乗り換えをしなければいけませんが、バスの方が車両も広いため快適かもしれません。

帰りに世界1おいしいレチョンを食べてきた

シマラ教会からセブシティまでの帰り道にカルカルという街があります。その街は何と言ってもフィリピン料理であるレチョン(子豚の丸焼き)が有名。

腹ペコだった私はどうしても食べてみたくなり、シマラ教会を出たところにいた、バイクタクシーのおじさんと交渉。約30分かけてカルカルに行ってきました。

豚の丸焼きであるレチョン

今まで数多くのフィリピン料理、またレチョンも食べてきましたが、お世辞なしで1番美味しいレチョンでした。皮はパリッパリッ、中はジューシ、味付けも抜群でご飯を進む手が止まりませんでした。

0.5キロ(200ペソ)を購入。この量を2人で食べて、お腹が限界になる程いっぱい食べれました。

美味しいお土産もゲット

カルカルで買うことができるお土産

またカルカルではセブ島土産であるチチャロン(豚の皮をあげたお菓子)も有名です。そのお土産屋さんでは、日本の”おこし”のような味わいであるアンパオやピーナッツを皮で包んで揚げたスイートピーナッツロール、また定番お土産のドライマンゴーやOTAP(オタップ)なども購入することができました。

お土産屋さんが並んでいる通りがあるので、訪れた方はぜひセブ島旅行のお土産を買ってみてはいかがでしょうか。

シマラ教会で願いを叶えよう

シマラ教会全体図

セブ島観光地としても人気急上昇中のシマラ教会。実際に奇跡が起こりまくりのシマラ教会に行って、そのパワーをゲットしにいきましょう。