フィリピン(セブ島)と日本の時差は?飛行時間は?観光の注意点も解説

時差・飛行時間アイキャッチ

アクセス抜群でお手頃にリゾート気分を味わえるセブ島!

大きなジンベイザメと泳いで美しい海を満喫して、最高にコスパの良いスパで体を癒したら、新鮮なシーフード料理を堪能……。

イメージするだけでワクワクしてきますよね。

そんなリゾートアイランド セブ島の時差・飛行時間・気候などの基本情報と8つの注意点を現地旅行会社がまとめました。

旅立つ前にまずチェック!これさえ知っておけばセブ島旅行は安心です

セブ島の基本情報早見表

旅行前にささっと確認したい時は、こちらの早見表でセブ島の基本を楽々チェック。

パスポート残存有効期限が滞在日数+6ヶ月以上残っている必要がある。
ビザ滞在日数30日以内であれば必要なし。
時差-1時間。日本が12時の時、セブ島は11時。サマータイムなし。
飛行時間約4時間半から5時間半。
言語ビサヤ、タガログ、英語。
宗教約80%がカトリック。その他キリスト教、イスラム教。
コンセントA, B3, Cタイプ。日本と同じであるため変換プラグ必要なし。
電圧220V。日本の電圧は110Vであるため、日本製品の使用には変圧器が必要。
通貨フィリピンペソ。1ペソ=2.20円(2020年6月現在)。
物価日本の3分の1程度。
チップなし。しかしスパなど個別でサービス受けた場合は50〜100ペソが支払うのが相場。
滞在時間3〜4日以上が望ましい。
お祭りシヌログフェスティバル。1月第3日曜日。(2020年は1月19日開催)
引用:フィリピン政府観光省公式HP

フィリピンと日本の時差は1時間

UTC(協定世界時
日本UTC(+9)
フィリピンUTC(+8)
引用:UTC 協定世界時の時差

世界の標準時間(UTC)と比較するとわかるように、日本とフィリピンでは1時間の時差が生じています。

ハワイやヨーロッパなどと比較して時差が少ないため時差ボケなどの心配も必要ありません。そのため、3泊でも思う存分満喫できます。

日本時間1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時12時
フィリピン時間12時1時2時3時4時5時6時7時8時9時10時11時

またフィリピン時間は日本時間から1時間マイナスするだけなので、時差の計算も簡単です(日本が5時のとき、フィリピンは4時)。

フィリピンに到着したら時計の針を1時間戻して、時差の調整を行いましょう。

サマータイムを導入していないので年中時差は変わらない

そもそもサマータイムとは夏と冬の日照時間の差が大きいことから、なるべく太陽が出ている時間に活動しようとアメリカやヨーロッパなど一部の国や地域で導入されているもの。フィリピンでは日の出と日の入りの時間が1年を通してあまり大きな変化がないため、サマータイムを導入する必要はありません。そのため日本との時差は1年中変わらずマイナス1時間となります。

日の出5 : 30 ~ 6 : 00
日の入り17 : 30 ~ 18 : 00

サンセットクルーズやセブ島の夜景が見渡せる山頂展望台トップスなど朝日や夕日の美しい景色を見たい時、観光の計画は立てやすいです。

飛行時間は約5時間!直行便は日本の3都市から運行

日本からセブ島へ

セブ島への直行便はセブパシフィック航空 / フィリピン航空が運行しています。

飛行時間が短いため、移動疲れの心配もほとんど必要なしたった4,5時間ほどで、あっという間にセブ島に到着で、子ども連れの旅行には嬉しいポイントですね

また成田・中部・関空以外の地域からセブ島へ行く場合は、乗り継ぎ便を利用しましょう。香港や韓国、マニラなどを乗り継いでいくことができますが、海外で乗り継ぎするのが不安な方は日本国内を経由する方法もあります。

乗り継ぎ便は航空券をお手頃に手配できるというメリットがありますが、飛行時間や待ち時間を合計すると移動だけで10時間ほどかかってしまうというデメリットもあります。そのため、お財布や時間と相談して航空券を手配しましょう。

観光に使える時間は?3泊以上がおすすめ

セブ島で大人気のジンベイザメとシュノーケリングができるオスロブや、美しい自然の景色やアクティビティが魅力のボホール島など、セブ島のメインの観光地はセブ市内から遠く、早朝から夜まで1日をたっぷり使う必要があります。そのため、観光に使う時間が2日、またショッピングやグルメ、スパなどの予定を考えると3泊4日がおすすめです。

また台風シーズン(7~10月)や天気の影響で、飛行機の遅延や欠航する可能性もあるので、帰国後1日は予定を開けておきましょう。

セブ島の気候やベストシーズンは?

セブ島天気グラフ

1年の平均気温が28℃の常夏アイランド セブ島ですが、12〜5月の乾季と6〜11月の雨季の2つの時期に分かれています。その乾季の中でも3〜5月がセブ島のベストシーズンにあたり、この時期はカラッと晴れた南国らしい日が続くので観光におすすめ。またセブ島の雨季は日本の梅雨の時期とは異なり、雨が降り続くことは滅多になく、1時間ほどで一気に降り晴れることがほとんどです。

気候が安定しているため、1年中服装は変わらない

1年中真夏の格好で過ごせるセブ島ですが、ショッピングモールや車内は冷房で冷えることがあるので薄手の上着が1枚あると便利です。また日本と比べて1年中紫外線が強いので、帽子やサングラス、また日焼け止めを何度も塗り直すなどして対策しましょう。

セブ島ベストシーズン

【セブ島のべストシーズン】 乾季や雨季はいつ?気温や服装を旅行前にチェック

これだけは抑えて!観光前に知っておきたい8つの注意点

実際にセブ島に来て驚いた、知っておきたかった、なんてことにならないようにセブ島旅行に行く前にチェック。現地旅行会社だからこそわかる日本との違いや気をつけたい注意点について解説します。

①セブ=マクタン島&セブ島

セブシティエリア別マップ

“セブ“と一括りにいうことがほとんどですが、空港やリゾート地が立ち並ぶマクタン島エリア、日本人向けのホテルやモールが立ち並ぶマンダウエ・シティ、そしてショッピングモールや語学学校が多いセブシティの3つのエリアに分かれています。

マクタン島とセブ島は2つの大きな橋で結ばれていて、この2つの島を総じてセブと言われることが多いです。またこの橋周辺では渋滞が発生することが多いので気をつけましょう。

②誰もが使えるビーチは存在しない?

南国ビーチ

セブ島旅行ではキレイなビーチを満喫したい!と思うかもしれませんが、イメージするようなビーチがあるのはマクタン島の一部エリアのみ。そのビーチも一部リゾートホテルが所有しているため、宿泊者以外のビーチの利用には使用料がかかってしまいます。

そのため美しい海を満喫したいという方はセブ周辺の離島を巡るアイランドホッピングなどのオプショナルツアーに参加しましょう。

セブ島アイランドホッピングでフォトジェニックな旅に出よう。

【インスタ映え】アイランドホッピングツアーの楽しみ方と見所をご紹介!

④帰りの航空券の控えは忘れずに準備

マクタン・セブ国際空港

フィリピン入国には復路の航空券、またはフィリピン以外の第3国に出国する航空券を保持している必要があります。日本を出るときにチェックインカウンターで航空券の控えを必ず提示する必要があるので、すぐに出せるようにパスポートと一緒に準備しておきましょう。

また2019年9月1日からルールが変更になり、ターミナルフィー(空港税)が航空券に含まれるようになりました。そのため以前までセブ島出国時に必要だった空港税はもう必要ありません

Arrival Card

【2020年版入国カード】フィリピン(セブ・マニラ)入国かんたんナビ

⑤観光には細かいお金を持ち歩こう

フィリピンペソ

セブ島ではタクシーや屋台などで大きなお金を出すとお釣りを持っていないよと言われることが多くあります。そのため500ペソ、特に1,000ペソなどの大きなお金はショッピングモールなどで崩し、20, 50, 100ペソなどの細かいお金を持ち歩くようにしましょう

また大きなショッピングモールではクレジットカードを使うことができますが、そのほかの場所では使えない場所も多いので注意が必要です

フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

【何でも安いわけじゃない?】フィリピン・セブ島の物価を徹底比較

⑥常にトイレットペーパーを持ち歩こう

トイレの看板

ホテルや大型のショッピングモール以外の場所ではトイレットペーパー、また便座すらついていないことが多く、そしてセブ島ではペーパーを流すことができません常にティッシュを持ち歩き、使用したペーパーはトイレの横に備え付けられた箱に入れましょう

またトイレに洗浄機能がついていない場所では、入り口付近に水が溜めてある樽があるので、そこから桶ですくって流すのが一般的です。

⑦観光中はスリやぼったくりに注意!

セブシティの街並み

外務省が出している危険レベルは“十分注意”であるレベル1。リゾート地であるため比較的治安は安定していますが、夜間や細い道などの移動はやめましょう。

気をつけること&注意点

① 荷物は前に持つ
② 夜遅い時間は出歩かない
③ 細い路地には入らない
④ 一人歩きは避ける/集団で行動する
⑤ ストリートチルドレンは相手にしない
⑥ 華美な格好・露出の激しい格好は避ける
⑦ 必要最低限のものだけ持ち歩く
⑧ ポケットに物は入れない

また一部のタクシードライバーにより観光客を狙ったぼったくりが行われています。セブ島のタクシーは日本と同じメーター式(初乗り40ペソ)。乗車後メーターを使っているかしっかりと確認すること、またトラブルを避けるために諦めることも重要です。

フィリピン・セブ島はタクシーが安全!?拾い方・料金・注意点まとめ

⑧もしもパスポートを無くしてしまったら……?

海外旅行といえば必須になるのがパスポートですが、無くしてしまったり、誰かに取られてしまったら、まずフィリピン日本大使館に連絡しましょう。帰国するには

  1. パスポートを再発行する(約1万6,000円/最短1週間で発行)
  2. 帰国のみの1回限りの旅券を発行(約2,500円/最短2日で発行)

という2つの方法があります。支払いは全てフィリピンペソになるため、旅行で現金をあまり持ってないという方は帰国のための1回限りの渡航書を発行してもらうのがおすすめです。

これで準備完璧!フィリピン旅行に出かけよう!

これで基本はOK!快適で楽しいフィリピン旅行の始まりです。

フィリピンについてもっと知りたいという方は基本情報や観光地が知れるこちらの記事も参考にしてくださいね。

フィリピン旅行の前に!ざっくり知りたい基本情報と観光地

ABOUT US

さくら
オーストラリアで5ヶ月間語学留学、東南アジアを1ヶ月バックパッカーしてました。旅行やアクティブなことが大好きです。 セブ島に来たらフィリピン料理であるレチョンは1度食べて欲しいです。