【セブ島のべストシーズン】 乾季や雨季はいつ?気温や服装を旅行前にチェック

セブ島ベストシーズン

せっかくのセブ島旅行は晴れている日に観光したいですよね。

もしも雨が降ってしまったら出かける場所は限られるし、写真も映えません……。

そこで今回はセブ島のベストシーズンについて現地旅行会社が徹底解説。グラフを見ながら、セブ島旅行前に知っておきたい気温や海水温、紫外線量などをまとめてチェックしましょう。

常夏のリゾートアイランド・セブ

セブ島の美しいビーチはスミロン島

日本からのアクセスが抜群で、直行便でたったの約4時間。日本に限らずアジアを中心とした世界中の旅行者が足を運ぶ、注目の観光地です。また、格安飛行機LCCが飛んでいることや物価が安いことなどから、お手頃な旅行費でリゾート気分を味わえる点も魅力ですね。

セブ島の気候は12〜5月の乾季と6〜11月の雨季に分かれている

セブ島天気データ
引用:PAGASA|フィリピン気象庁

フィリピンは熱帯モンスーン気候に属しており、年間を通じて高温多湿、そして四季はありません。そのため、12〜5月の晴れた日が続く乾季と、6〜11月の降水量が多い雨季という、2つのシーズンに分かれています。

1年の平均最高気温は31.3℃、平均最低気温は24.8℃。セブ島の方が日本より暖かいイメージですが、最高気温が40℃を越えるような猛暑日はなく、30℃前後のリゾートらしい暑い日々が続きます

セブ島旅行のベストシーズンは3 ~ 5月

セブ島旅行に訪れるなら、この時期がとってもおすすめ!カラッと晴れた日が続き、天気の心配もほとんど必要なし。雲ひとつない真っ青な空の下でリゾート気分を満喫しましょう。

天気が変わりやすい6~11月の雨季

降水量が多い6~11月ですが、日本の梅雨ように1日中雨が降り続くことはとっても稀!ほとんどの場合、一時的に激しい雨が降り一気に晴れることが多いです。

しかし大体1時間ほどで雨は止むため、屋根のある場所で雨宿りをしていればあっという間に晴れますよ。

台風シーズンの7〜10月は要注意

1年で1番気を付けたい時期が台風シーズン。台風が上陸すると波が高くなり、セブ島で大人気のジンベイザメウォッチングやアイランドホッピングなど、ツアーも催行できなくなってしまいます。

台風シーズン中は飛行機が欠便してしまう恐れがあるため、旅行前にしっかりとチェックする必要がありますもしもの時のために、旅行後のスケジュールを1日設けましょう

シグナル2を超えたら要注意!警戒レベルを確認しよう

フィリピンの台風には5段階の警戒レベルがあり、シグナルが高いほど危険度も高まります

シグナル1非常に軽い損傷、また被害はほとんどない。細い木々が折れる可能性がある。
シグナル2軽度から中程度のダメージが予想される。木々が倒れる可能がある。
シグナル3中程度から重度のダメージ。木々のほとんどが倒れ、古い家などは壊れる可能性がある。
シグナル4非常に重度のダメージ。家が壊れるなど多くの損害が見込まれる。
シグナル5広範囲にわたる非常に大きな損害。

シグナル1の場合はそこまで大きな被害は予想されませんが、シグナル2以上の場合は危険性が高いためフライトなどへの影響を確認しましょう

平均海水温は26度!ハワイよりも暖かい

セブ島海水温ハワイと比較

グラフからも分かるように12~4月のハワイの海水温は、快適に海で遊べると言われる26℃を下回ります。それに比べて、セブ島の平均海水温は1年を通じて26℃を超えているため、寒がりさんも安心です

またハワイや沖縄はオフシーズンがあるのに対し、セブ島はオフシーズンがないため、どの時期に訪れてもダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティを存分に楽しめますよ。

水温について、イメージしやすいプールでの適温を調べてみました。

屋外プールの水温は26℃以上が望ましいと言われています。

気温+水温=50℃以下、または水温が22℃以下の場合は使用中止の検討が必要です。

公益社団法人 日本プールアメニティ協会

セブ島は1年を通して紫外線が強め

セブ島と東京の紫外線数比較グラフ
引用:気象庁

UV指数とは紫外線の強さを表した世界共通の指数です。日本の指数と比べて分かるようにセブ島はシーズンに関係なく、1年を通じて紫外線が強いです

また紫外線の強さも“極端に強い”といわれる11の基準を超えることがほとんど。そんなセブ島では日本のサマーシーズン以上に日焼け止めを何度も塗り直すなど対策しましょう

旅行前にセブ島の天気をチェックしよう

旅程と天気予報をにらめっこ。旅行前に天気予報サイトを見てみたら、全部雨マークで気分が下がっていませんか?現地の人も使う精度の高いサイトから天気予報をチェックしよう。

セブ島の天気予報は当たらない?!

iPhoneの天気アプリ

iPhoneなどの気象情報アプリでは、なぜか毎日雷雨の予報。

旅程を変更したくなりますが、雨予報の日でも雨が一切降らない日もしばしば。日本でもあまり精度が高くない標準アプリですが、セブ島旅行の際には当てになりません

現地在住者が利用する天気予報サイトがこちら

天気予報

PAGASA(フィリピン気象庁)

現地在住者が1番活用しているのがこのパガサという気象サイト。気温、湿度などの天気予報を1時間ごとに見ることができ、また雨雲レーダーを見ながら、変わりやすい天気をリアルタイムでチェックできるのも魅力です。

WINDY(ウィンディ)

風や雨雲の流れ、気温などの情報は常にアップロードされ、リアルタイムで見ることができる天気サイト。地図の中から詳細を見たい場所をタップすれば、3時間ごとの天気予報も見ることできるので便利です。

セブ島の服装や持ち物は?

セブ島旅行の服装は半袖半ズボンでOK!1枚羽織るものを持ち運ぼう

ショッピングモールなどの商業施設や車内などではクーラーが効きすぎて寒いことがあるので、長袖のシャツやカーディガンを持ち歩くと快適に過ごすことができますよ。セブ島は日差しが強いため薄手の上着があると日焼け対策にも効果的です。

ワンピースの女性

旅行では普段と違ったちょっとお洒落な服装を着たくなりますが、声をかけられたりスリの標的になってしまうため、派手な服装や肌の露出が多すぎる服装は控えましょう

また海などに遊びに行き、着替えが多くなるセブ島では、1枚で簡単に着れる南国らしいかわいいワンピースなどがあると便利です。

日焼け対策は入念に

日焼け止め以外にも帽子やサングラス、またUVカットの上着やラッシュガードがあると便利です。また日焼け止めは2〜3時間ごとに塗り直すことが推奨されていますが、日本より紫外線の強いセブ島ではこまめに何度も塗り直して、日焼けにならないように対策しましょう。

もし日焼けしてしまった場合は、化粧水や乳液でしっかりと保湿し、お肌を休ませてあげましょうね。

常夏のセブ島で遊ぼう!!

セブ島の綺麗な海

セブ島旅行をいちばん楽しみたいなら、オプショナルツアーがおすすめ!もしも雨が降ってしまった日はショッピングモールで過ごすのもいいですね。

SMシーサイドでセブ島お土産

SMシーサイドでお土産制覇!フロアマップ付きだからもう迷わない

天候に恵まれなくても、明るい気持ちで旅行をエンジョイしよう!

CSPナビではセブ島旅行で役に立つコンテンツをこれからも発信していくので、旅行前の参考にしてくださいね。